もうすぐクリスマスですが、おとななのでぜんぜん楽しみじゃないです。
それどころか逆にプレゼントを買わないといけないのが苦痛です。
かわいいわが子のために買うのだから苦痛じゃないだろうと思うかもしれないけれど、やたらと高いものを言ってくるのでかわいくないです。
去年はそれで大きなラジコンを買いましたが、高かったのにほとんど遊ばず予想通りでした。
ちなみにまだサンタさんを信じていますので、サンタさんが買うのだから高いものでもよいそうです。
小憎らしい思考回路をしています。
かといって親が金額指定をするのもおかしな話なので、ぐっとこらえましたが、今年は違います。
また何にしようかなぁと言っていたので「運動靴にしなさい!」と強制です。
半強制ではないです、強制です。
しかし、あんまり文句言わなかったんですよね。
もしかしたらどこかでサンタは親であるというのを耳にしているのでしょうか。
とはいえその割に窓に向かって「サンタさん、運動靴お願いね!水色に黒のラインのお願いします」と何度も言っていました。
あれ?やっぱり信じてるのでしょうか?
探してみたら水色に黒のラインはありませんでしたので、水色にシルバーラインの運動靴をネット注文しておきました。
これなら3000円くらいなので財布にも優しいです。
いいかげんサンタはいないとばらしたい~でも自分で気付くまでほっときたい気持ちもあって半々です。
サンタさんはどこに住んでるの?と聞かれたのでフィンランドと答えておきました。
宇宙のかなたとかいうよりはよほど現実的な答えですよね。
実際にある国なわけですし。
でもネットで検索すればいるかいないかすぐわかっちゃうんですけど、それは調べないようです。
やればやれるんですけどね。
気付きたくない現実ってありますよね。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です