ファミリーレストランに出かけました。お昼どきと時間が少し、ずれていたので、すぐにお席に問いしていただくことができたのです。座るやいなや、おトイレを買いsていただきたくなり、席を立ちました。
すると、一人で待たされた息子に、既にお食事が終わっているお隣のご家族の5歳ぐらいの嬢さんが、席を乗り出して、こちらを見つめているのだそうです。ご両親も、それになんのお話もなかったらしいのです。
私が席に戻り、美味しく頂いていると、その5歳と2歳ぐらいのお嬢さんを連れた御夫婦が席を立っていかれました。奥様は臨月のようです。つまり、3人目ですね。ご主人は、半袖で、リュックを背負われてお子様たちのお世話を熱心にしておられます。
日本の人口の増えていくのではないでしょうか。女の子が二人続いたので、どうしても男の子が欲しいということなのかもしれませんね。豊かになっているのでしょう。
子供の数も、本当に、急増しているような感じがしてならないのです。
30年ぐらい前に、シンガポールに行ったことがあります。その時も、ある人会う人が妊婦さんで、驚いたことがありますが、日本もそれに近いような感覚になってきました。
自分が出産する頃は、滅多の妊婦さんを見かけることなどなかったので、ただもう、これも、違う国になってしまったのではないだろうかという気持ちになります。
都市部に住んでいるからでしょうか。この様変わりの風景は。そのくらい違います。

おすすめサイト

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です